上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本日予定していたグライダー訓練は現地教官が皆さん仕事が始まったりで都合がつかないということでなくなりました。
ということでグライダー訓練は昨日予定より1日早く、事故なく無事に終わりました。
参加学生はこの後簡単に報告のようにそれぞれ大きな成果がありました。
全日滑空場に泊まり込んで指導いただいたレドモンド監督とほとんどの期間参加いただいたキャシー教官、さらに入れ替わりに教官やウインチドライバーとして遠方から参加いただいたアデレード大学航空部の多くの皆さんが貴重な休暇を私たちのために費やし熱心に訓練していただいた御好意を忘れず、今後の部活や大学生活などに活かして欲しいです。
本学の参加者も連日朝早くから夜遅くまで忙しく睡眠不足で疲れ気味であったこともあるので、本日は予定外の休息日とし、この後ワイケリー滑空場の見学に行く予定です。(大塚)

さて、昨日の訓練ですが…
アデレード大の学生2名が参加、今まで出していなかったPIK20も出しての4機で訓練を行いました。
ですがうちリベレとPIKはなかなか降りてこないので実質2機での訓練です。
上田が昼食前にリベレで飛び立ち、昼食はお礼とアデレード大との交流も含めておにぎり・味噌汁でランチとしました。
そして…
h

5時間フライトを達成しました!もちろんこれはアウトランディングではありません。ランウェイです。
念のため。
そんな時地上では…
t

みんなで記念撮影をしていた模様。
さらに森・田中が3rdソロ、田中は29分の滞空!あと1分、キティーちゃんしてあげましょう。


織田がクッカバラに4発搭乗、おそらくこんなにこの機体に乗った、まして訓練で乗った日本人は居ないでしょう。


以下みんなの感想ー

ソロに出られませんでした。「あと二日あればね。」と言われました。でもできなかったことに変わりはありません。すごくすごく悔しいけれど、フライトが下手なことは自分が一番よく知っているからそれが一番悔しい。全部が他の人よりも遅れている分、もっと努力しないといけない私にとって、曲技・スピン・そしてソロに出られなかった原因となった着陸時の引き起こし操作を何度も練習できたこの海外遠征は、想像以上に大きかったです。下手なおかげで、私のためにkookaburraという古い複座機での特訓を用意してもらいました。この体験はレア!!^^ 素直に自分の操縦桿の動きが出る勉強になる機体でした。キャサリンが本当に優しかった。妥協せず、日本での初ソロ目指して日々精進します。
織田 加瑠奈

オーストラリアの気候のもと、目標としていたサーマリングや場周→着陸の練習、スピントレーニングをすることが出来、非常に充実した遠征となりました(英語の勉強的な意味でも 笑) 。そして、まさか1回生のうちにソロに出られるとは思いませんでした。非常に嬉しく思う反面今後一層努力を重ねていきたいと思います。 森

今回は計20発飛び、そのうち6発がソロに出ることが出来ました。ただ滞空が最高で41分までしかできなかったことがかなり悔しかったです。しかしソロで滞空するのは初めてで、かなり嬉しかったです。後、多少はソアリングの技術が少しは磨けたのではないかと思います。ただ、次回行くときは、英語をもっと聞けるように、話せるようにしたいと思います・・・  朝日

LIBELLEの滞空で2時間のフライトが30分くらいに感じるほど麻痺していました。5時間滞空したものの、2度にわたり帰投高度ギリギリまで落ちるほどに腕はまだまだカスなので精進します。レッドモンド氏の“Have Fun!!”を忘れずに今後もフライト楽しみます。上田

楽しかったです、というだけでは味気ないので機体の感想を述べます、puchatekという機体は初め全然素直じゃなかったです。ヨーストリンガーが止めてあるテープに引っかかってまったく滑りがわからない、という状況からのスタートで、初日の夜は、難しすぎると感じた自分にいやになってました。約20発乗った今でも全然素直じゃない機体という印象が強いですが、初ソロ2ソロ、3ソロと飛ばしてもらった思い出深い機体となりました。土曜日にインストラクターのredmondに同乗させてもらい体験した曲技飛行はとても刺激になり、最終日にも「これからも楽しいという思いを忘れず飛んでいくんだぜ!」との言葉をいただき、これからのモチベーションにもつながりました。また頑張っていきたいと思います。 田中



スポンサーサイト
2011.02.14 Mon l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上田です。

何日目とかいう数え方が案外好きでないのでこのタイトル。ご了承を。
さて、昨日からの曇り空で今日はサーキット(場周飛行)練習だね、日が照ったらバカ条件だろうけど。とレッドモンド氏。
そんな静穏曇天の午前中、織田がひたすらフライトをしました。

I am Kkaruna and managed to fiy solo tomorrow!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

明日は大丈夫さ!Have fun!!

午後は天気が一転、曇天強風。森が偵察飛行、兼ソロチェック…ん??
その後やっと我が占有機となったリベレでタイミングを見計らい出発。
雲の吸い上げのみでどこまでやれるか、五時間滞空に無理やりチャレンジ!
リベレ

初リベレで写真を撮ってないので今回こそ記念撮影。

そして粘っていると森と後席キャサリンのコンビがガグルを。
近い近い近い
gaglle

案外上がらず森がどこかへ飛んで行ったので迷わず美味しい雲へ。
高度3600ftで雲にタッチ。冷たいので窓を閉める。
雲

そんな時地上では…
森solo


主将が不在だというのに初ソロに出ました。
いや、めでたいですね。非常に。おめでとう。

そして私は最後の最後まで粘るも吸い上げる雲も減り、上がれなくなり帰ってきました。
フライト時間2時間20分。自分の中では30分くらいに感じました。もはや末期ですね。
ザ・曇天にしては上出来です、ということにします。

その後も龍大航空部フィーバーは収まらず、
森がそのままセカンドソロ、こいつはナイスランディングでした。レッドモンド氏も褒めてらっしゃいましたね。
そして昨日に続き田中もセカンドソロ、朝日が何回目かわからないソロ。
索切れってソロ1発にカウントですよね??安全に降りてれば。

そしてそして…
kukabara

コックピットに鎮座するは主将上田ではなく1回生織田。
この機体はビンテージ機、木製羽布張りのクカバラ。
なんと羨ましい…

並列(若干の前後席の差あり)複座の機体で飛んでゆきました。kukabara.jpg
本人曰く、柔らかい感じの飛び方らしいです。なんか、ふわっと、と。


同時に田中はレッドモンド氏の”My Flight"に同乗、ループ2連発、スティープターン、超絶サイドスリップからの着陸などなかなか激しい機動を経験していました。


今日の締めは突然のBBQ
食材余ったけど、どう?という感じでお誘いいただき、お言葉に甘えました。
bbq.jpg


明日は訓練最終日の予報です。気合は入りっぱなしですので問題ありません。
では。
2011.02.12 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
遅れて申し訳ありません。ひとまず7とします(汗 晩餐(カレー)に大はしゃぎでありました森です。



朝のブリーフィングで午後から雨が降り出すと言われましたがそのとおり、訓練開始前から黒雲交じりの雲が広がっている状態でした。今日も風向きの関係で、日本でいうところのピス交を行ってから訓練が始まりました。a

本日のハイライトは午前中にやってきました。



IMG_4909.jpg
なんと!一回生田中が晴れて初ソロ(Puchatek)に出ました!
レッドモンド教官と、索切れ・サーキット練習など3発のフライトを経ての初ソロでした。

IMG_4912.jpg
翼が上がって…

IMG_4913.jpg
出発出発!

そしてちょうどそのころ、上空では雨が降り出す一歩手前、灰色の空で、雲の吸い上げが期待されましたが…


IMG_4914.jpg
…田中さん、やってくれました。通常初ソロ時は場周練習のみのフライトに留まる、はずなのですが、上手く風に乗り、初ソロにして23分飛び続けてました。もう少しでC賞というところでの帰還でしたが、さばさばと「楽しかったです」と本人談。同期では一番乗りとなる初ソロに十分満足していたもようです。

IMG_4916.jpg
着陸後は当然、これまた学生全員でお出迎え。
(…なのですが、写真のほうはまた準備中です。朝日さんのソロ時といい重ね重ね申し訳ない…)


ここで午前の訓練が終了。ご飯を食べながら残りの一回生は、田中に続けとばかりに午後からの訓練に向けて気合を入れていたのですが…

PICT0194.jpg
予報通り、午後からは激しいスコールに見舞われ、一時訓練が中断…ただ、すぐに止むだろうとのことで、レッドモンド教官にウェーブリフト学科をしていただき、天候の回復を待ちました。

5時半ごろになってようやく訓練再開。平穏だった午前とはうって変わってクロスウィンドが吹き荒れ、湿気を含んでいたとはいえ気温も低く、肌寒いコンディションとなりました。一回生を中心に何発か飛びましたが、残念ながらソロとまではいきませんでした。個人的には横風における一連の操作のいい練習ができたと思っています。

ラストはリベレで、格納庫に近い別のランウェイに降りるいわゆる撤収ロング。発航準備が整い…


整ったまでは良かったのですが、待てども待てども索は来ず…そうです。ここでまたもやウインチトラブル…今度は車のほうが故障し、これまでウインチ自らが行っていたリトリブ作業ができなくなってしまいました。

結局最後はしびれを切らして搭乗者の上田さん自らランドクルーザーで索を引っ張って飛ぶ結果となりました。

報告は以上です。


2011.02.11 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
さて、今回の遠征も早中盤を迎え、暑さがぶり返してきました本日。

朝日'sDAYがはっじまりました。
朝日はソロでの低空索切れ(索じゃないところが切れたらしく)、ソロでの30分以上の滞空となにやら充実した様子というのか…

織田はというと同乗で1時間以上滞空、森は4回のフライトで着陸がまだ課題だそうです。いや、着陸は永遠の課題ですね。

田中は最後の方のフライトで条件などなかったようですが、何回も飛んでいました。いや、木曽川では有り得ないですね。人数と言い条件と言い。


上田は…朝いきなりファルケで飛び立ち、アウトランディングチェックへ。場所を変えながら5回に及ぶ低空への進入・上昇を繰り返し、2回の着陸、もはやアウトランディングは怖くないです。
からの…


クロスカントリーは香川教官のセカンドチャレンジ、昼前にリベレで飛び立ち空の彼方へ
そして夕方に無事バックホーム。


トレーラーですが。。。

しかしアウトランディングでも飛行50㎞超えの52.5㎞、獲得1000M以上を達成、銀賞獲得まで5時間滞空を残すのみとなったそうです。いやめでたい。
out


なにか違和感があるのは気のせいですね。

そのさなかトラブル続出で地上はおおあらわ、パラの付け根が切れ、リトヒューが何度も切れ、アウトランディングの連絡が入り人数が減り、果てはウィンチ台車が動かなくなり(ここではウィンチが発航点までやってきてリトヒューを地面のタイヤにつなぎ、索を展開しています。リトカー要らず。)、急きょリトマンが必要となり、上田が即席リトマンとしてリトリブしていました。

晩はお礼の気持ちを込めて日本食でパーティーしました。
現地の方は教官のレッドモンド氏とキャサリンだけでしたが、楽しんでもらえたようです。
メニューは手巻き寿司、刺身がなんとも…


勿論その後は香川教官のGPSを上映。
やはりキープ・ハイですね。

ワイケリーまでの約60㎞、遠征中に飛びたいです。
ということで、今日は私ファルケの1発のみです。地上からフライトを眺めていました。
慰めにレッドモンド氏の”My Flight”に同乗させていただきました。
ループ、失速反転、スティープターン、リクエストのGround Effect、地面効果を利用した進入でかなりエキサイティング。満足。ランウェイが目の前の木に隠れて見えなくなっても…速度があるから平気さハッハー!
いや、さすがです。ウィンチでここまでできるとは…ちなみに離脱は1400ft、木曽川と大して変わらない…

明日からは私の時代がやってくるので上手くやっていきます。

最後に…
昨日のGPSは途中で途切れていて心が折れました。
フライトの軌跡が溜まりすぎたようです。メモリーオーバーでした。

それでも見たいという方がいらっしゃったら公開するとしましょう。



(追記) by大塚
アデレード大学航空部との合宿は、3人の教官だけで後席教官、地上教官+アルファ、ウインチマンを分担して運営するという効率的で超人的なご協力があって成り立っており、感謝感謝です。
本合宿参加学生の皆さんは、合宿運営全般に慣れて色々な作業を分担できてきました。
本日は今までで最も暑い日でしたが、ウインチトラブルが連続してあった上に、香川教官の場外着陸のリトリーブと飛行訓練を並行して行うことになり大変でしたが、少人数でやっとか何とか終わりました。
これができたのは参加学生の頑張りもありますが、高齢のレドモンド監督とキャサリン教官、高齢のOBウインチマンが炎天下を夕方7時過ぎまで訓練に付きあっていただいたお陰です。
明日の午後からは香川教官がいなくなるので合宿運営がさらにタイトとなりそうですが、いつの間にか残り少なくなってきた本合宿を安全第一で乗り切りたいと思います。


2011.02.11 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。すっかりブログ要員となってしまった?一回生森です。
ネットの時間制限?のためか、記事が投稿されず、すべて書き直しという事態にもめげずに報告いたします(汗

今日も相変わらず快晴。気温も非常に高く、昨日よりもさらに暑かったように思います。
また、昨日からgood dayになると言われていた通り、午後からは場所が限られていたものの強いサーマルが発生し、滞空に恵まれました。この話はまた後ほど。

まず、午前中に、朝日さんが高→低→中の三連続ダミーを経て、Puchatekでのオーストラリア初ソロ飛行に出ました。着陸後には学生全員で出迎え、記念撮影のあと機体を戻しました。訓練終了後、後席教官のピーターにソロチェックに通してもらったお礼としてビールを1本プレゼントしたそうです(^^

朝日さんのフライトだけで午前が終わり、続いて午後に移ります。

午後は私からだったのですが、1発目すぐに下りてきた後の2発目で、ピーターに教えてもらいながら件のサーマルに到達し、途中からは自分でサーマル旋回をしてみたり、こういうところにあると言われた記憶を頼りに別の場所のサーマルを探してみたりと、46分にわたってサーマリングの練習をすることができました。
こういった、サーマリングを中心としたフライトは今のところ初めてなので、いい経験ができました。これからはソアリング飛行へのレベルアップに向けて、より一層腕を磨いていけたらと思います。

この他、織田もサーマル旋回・スピン練習で47分フライトし、上田さんはこうもリベレでソロに出、1時間55分滞空しました。もっと飛んでいたかったようですが…上田さんは明日にも、クロスカントリーに向けたアウトランディングチェックに行かれるようです。

大塚部長先生も、Puchatekにて滞空されました。

訓練終了後には、ピーターによるサーキット(場周)・着陸の学科をしていただいた後、解散となりました。
DSCF3044.jpg


本日の報告は以上です…が、昨日同様、上田さんがGPSの結果をまた掲載していただけるようなので、以下は委ねたいと思います。また、私一人がだらだら書くのも面白くないと思うので、「今日の○○」的な感じで学生が交代で訓練の感想や、訓練中の出来事を報告していけたらと思います。
2011.02.09 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。一回生森です。ご飯の準備をしている脇で投稿させていただいてます(汗 大変申し訳ない…

IMG_4878.jpg
Puchateck↑

訓練2日目の本日は全体を通して雲が少なく、訓練開始直後からは全く雲が無い状態でしたが、飛行場近くにサーマルが複数点在し、

滞空したり、サーマル旋回の練習をしたり、スピントレーニングをしたりと、各々の課題に応じたフライトができたかと思います。

また本日は、午前中に香川教官、午後に上田さんがチェックフライトを経て単座飛行(clubリベレ)に出ました。

香川教官は1時間、上田さんは索切れを起こしたもののすぐにサーマルをつかみ、あれよあれよと言ううちに高々と上がり、結局訓練時間いっぱいまで飛び続け、3時間滞空を達成しました。

本人によると(推定)4850ftくらいまで上がったそうです。
IMG_4896.jpg
上田さん帰還↑

しかし、オーストラリアの強烈な日光と高い気温のためか、フライト中に体調を崩す者もありました。熱中症対策としては、適度な水分補給を中心に各自対策をしておりましたが…ここまでの疲れも祟ったのかもしれません。

まだまだ訓練は続きますので、楽しく、安全に、密度の濃いフライト・訓練を行うためにも各自より一層体調管理には気をつけていきたいと思います。
IMG_4887.jpg

IMG_4898.jpg
リトリブ作業を行う朝日さん↑

本日の報告は以上です。

追:香川教官に、オーストラリアのインストラクター・レベル1認定が下りました。よって今後、引き続き記録飛行が中心とはなりますが、複座機にて訓練生の指導にあたっていただける(かもしれない)そうです。
2011.02.08 Tue l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんばんは。森です。

本日は初の訓練でした。10時からブリーフィングを行い、昼頃から訓練が始まりました。

2回生の二人と、一回生織田、香川教官がスピントレーニングを行いました。

午前中から3時ごろにかけてサーマルがあり、朝日さんが本日最長の41分のフライトでした。

また、ラストに、織田が宙返り2回、失速反転、スティープターンなどの曲技飛行を経験しました。

全体を通して大変風の強い一日でしたが、1人あたり2~3発飛ぶことができ、午後7時までで総発数14でした。

写真は、容量の関係で本日分をアップするのが難しい為、

昨日の交流会の写真を遠征報告2の方に添付しておきます。

本日は以上です。明日も、訓練頑張ります!


あと、小川さんコメントありがとうございます。
2011.02.07 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。一回生の森です。

2/6 AM8:00ぐらい(現地時間)に、オーストラリア・アデレード空港に全員無事到着しました!

入国手続きを済ましてすぐにレンタカーを借りて、午前中はアデレード市内で食料・生活用品の調達をしました。

午後からは移動に移動を重ね、宿舎にて荷物の積み下ろし、宿舎からさらに離れたストーンフィールド滑空場にて

アデレード大学のグライダークラブの方々との訓練レクチャーを兼ねた交流会を行いました。

現地についての感想は、やはり日差しがきつかったですが、気温は思ったほど高くなく、

風も吹いて程よい涼しさの中、割と過ごしやすかったのではなかったかと思います。

明日からは、いよいよ本格的に訓練に移ります。

DVC00034.jpg

DVC00033.jpg

2011.02.06 Sun l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。